ブラジルの金融政策(2月)~金融政策スタンスとレアル相場の展望

2019/02/07
  1. 政策金利は6.5%で据え置きでした。インフレ率が安定しており、景気重視の姿勢が維持されました。
  2. 19-20年は、インフレ率は目標圏内で安定し、景気回復に沿った緩やかな利上げが想定されています。
  3. 通貨レアルは、新政権の経済構造改革への期待と対米金利差縮小の一巡で持ち直す展開と見ています

中銀は安定した経済環境を想定

ブラジル中央銀行(以下、中銀)は、5-6日のCopomで、政策金利のSELIC金利を6.5%に据え置きました(全会一致)。18年3月で利下げを打ち止めして以来、7会合連続の据え置きです。

インフレ率は、依然落ち着いています。12月のCPIは前年同月比+3.75%と、トラック業界のストによる物流停滞で一時上昇した動きが沈静化しつつあります。コア(食品・エネルギー除く、試算)は同+3.09%で、11月から若干上昇したものの、インフレ目標(+4.5±1.5%)の下限近辺と、大きく加速するリスクは当面小さいと見られます。

中銀は、19年、20年の年末の政策金利をそれぞれ6.5%、8.0%と想定し、インフレ率を同じく、+3.9%、+3.8%と見込んでいます。前回会合(12月11-12日)での想定と比較すると、19年末の政策金利が7.5%から下方修正されました。これは、低金利を維持してもインフレの安定は維持されるとの見方です。新政権の経済構造改革への期待もあり、長年インフレ体質と言われたブラジル経済の構造変化を、ある程度念頭に置いた想定と見られます。

※Copom(Comitê de Política Monetária):金融政策委員会 ◇SELIC(Sistema Especial de Liquidação e Custódia):決済・預託特別システム

201902073

プラス要因が増えている

レアル相場は、大統領選挙(18年10月)以前は、米金利上昇と政治不安が逆風となり下落基調でした。選挙後は切り返したものの、経済構造改革への不安が根強く、米国で利上げが続いていたこともあり、上昇の鈍さが目立ちました。

年明け後、米金融当局が利上げ打ち止めを示唆し、対米金利差縮小が止まりつつあります。また、ボルソナロ新政権は、中道勢力と連携して経済構造改革を推進する姿勢であり、市場の期待が高まっています。昨年のマイナス要因がプラス要因に転じ、レアル相場は持ち直しが期待されます。

201902074

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会