アムンディ・ヨーロッパ通信~Brexitは結局どうなる?

2019/01/18

3通りの道筋

Brexit(英国のEU〔欧州連合〕離脱)のEUとの協定案が、15日に英下院で採決され、賛成202票、反対432票の大差で否決されました。与党保守党が317議席あることを考えると100人以上が造反したことになります。メイ首相は事態の打開のため、超党派で協議を進めていますが、有効な代替案を出せていません。今後の道筋としては、①3月29日の離脱期日を短期間延期し、代替案を出してEUと妥結、議会の承認も得て結局は無事に離脱を果たす、②国民投票のやり直しや解散総選挙、交渉のやりなおしを通じて新たな合意を形成する、この場合、離脱期日は長期間延期される、③合意のないまま離脱する、という全部で3通りが考えられますが、大方の見解はアムンディも含め①です。

政治に対する失望広がる?

これまでの過程で、保守党議員はメイ首相を支持しながらEU離脱案には大量造反、EU離脱案否決後に出された内閣不信任案に対しては造反組も含めて反対に回りました。この矛盾した行動には「火中の栗を拾う」ことから逃避する政治家の無責任さが垣間見えました。今回の「騒動」で、国民の政治に対する失望が広がり、保守党、労働党などの「既存政党」は、今後支持率を落としていくかもしれません。

201901181

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会