12月の米国雇用統計~景気のピークをどう見極めるか?

2019/01/07
  1. 12NFPは前月比+31.2万人と大幅増加でした。年間では+266万人、前年以上の増加でした。
  2. 賃金が前年同月比+3.2%と堅調でした。個人消費が刺激されやすい良好な所得環境が続いています。
  3. 米国景気のピークを見極めるには、雇用の増加ペースが平均的に鈍化してくるかがカギと考えます

労働市場への参入増加

4日、米労働省が発表した12月の雇用統計速報では、非農業部門雇用者数(NFP)は前月比+31.2万人でした。非製造業中心に大幅に増加しました。月別では上下はあったものの、結局月平均で20万人規模の雇用の増加ペースが維持されました。年間では+266万人、17年の+226万人を上回る増加となりました。

一方、失業率は3.9%と、前月比+0.2ポイントでした。失業者が前月比+27.6万人と増加したことが影響しました。ただしこれは、非労働力人口が同-23.7万人と減少したことが背景となっており、これまで就職意志のなかった人が、新たに求職活動を始めたことがうかがわれます。したがって、失業率上昇は雇用環境悪化を示したものではないと考えます。

また、民間企業時間当たり平均賃金は前年同月比+3.2%と、3ヵ月連続の+3%台となりました。個人消費が刺激されやすい良好な所得環境が続いています。

201901071

雇用の増加ペースに注目

利上げの累積的な効果により、19年の米国景気は減速が予想されます。今のところ、実質GDP成長率がマイナスになる景気後退まで悪化するとは見ていませんが、今後の景気を見極める上で、雇用の増加ペースがカギになってくると考えます。

過去のNFPと景気循環との関係を見ると、山(ピーク)は両者がほぼ一致する傾向にあります。また、NFPの山に先立って増加ペースが鈍化する傾向があり、今後、数ヵ月間の平均的な雇用増加数が20万人を下回る状況となれば、景気の山が近いとして、利上げ打ち止めの可能性が高まると考えられます。

201901072

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up