南アフリカ経済、金融政策の動向~19年の経済・市場展望

2018/12/05
  1. 実質GDPは前期比年率+2.3%と3期ぶりのプラスでした。在庫投資の回復が全体をけん引しました。
  2. SARB19年以降+2%程度の成長率を想定しつつ、そのために構造改革が必要と指摘しています。
  3. 国際的な信任回復を通じた経済発展、通貨価値の安定に向け、今後の政策判断が問われる局面です

在庫復元の寄与大きいプラス成長への転換

4 日、南アフリカ(以下、南ア)統計局が発表した18年7-9月期の実質GDP(支出ベース)は、前期比年率+2.3%でした。3期ぶりのプラス成長で、テクニカル・リセッション(景気後退)から抜け出しました。なお、前年同期比は+0.5%でした。

実質GDP成長率に対する寄与度は、内需が+3.2%、外需(輸出-輸入)が-0.9%でした。内需は、個人消費が+1.0%の一方、固定資本投資が-1.0%(3期連続マイナス)と、企業活動が不調です。その中で在庫投資が+2.8%で、内需はまだ脆弱さから脱却し切れていないと見られます。外需は、輸出入共大きく伸びましたが、鉱業製品や自動車の輸出増に対して、機械、土石製品等の輸入増が上回りました。SARB(南ア準備銀行)は、今後の経済成長について、18年こそ+1%未満の成長率にとどまるものの、19年以降は+2%近辺まで回復すると予想しています。ただし、その実現可能性を高めるための構造改革の必要性を、金融政策委員会での声明などで指摘しています。

201812051

政策判断が問われる改革への道のり

SARBは11月22日の金融政策委員会で、政策金利を0.25%引き上げ、6.75%としました。インフレ率は目標圏内に収まっているものの、ひとまずインフレの抑制と通貨価値の安定を優先した形です。ランド相場は、トルコの混乱が落ち着く中で持ち直しており、2ヵ月半ぶりに1ドル14ランドを割り込んでいます(1ランド8.2円前後)。

ラマポーザ大統領も、南ア経済発展のために構造改革が必要と考えており、SARBの指摘を待ちません。しかし、これまで鉱業生産に依存してきた結果、国内経済の発展が遅れ、貧富の格差が拡大、固定化しつつあるのが現状です。長期的には教育の充実を通じた社会基盤の整備が必要ですが、短期的に景気を上向かせる必要もあり、政策判断には紆余曲折が予想されます。南アが国際的な信任を回復して海外投資を呼び込めるのか、まだ予断を許さない情勢といえるでしょう。

201812052

アムンディ・マーケットレポートはこちら 

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会