アムンディ・ヨーロッパ通信~政策金利の市場予想とユーロ相場

2018/11/02

景況感ピークアウトがきっかけ

ユーロ相場が軟調です。10月末は1ユーロ1.13ドルと、17年6月下旬以来のユーロ安・ドル高水準となっています。ユーロ安の要因として大きく影響したのは景況感のピークアウトと考えられます。ユーロ圏の成長ペースは、17年後半は前期比年率+2.7%と堅調でしたが、18年前半は同+1.9%へ減速、18年7-9月期は同+0.6%とさらに減速しました。これまでは、18年後半に持ち直すとの見方が大勢であったため、市場の景気先行き不透明感が強まっています。

利上げ議論本格化の時期は?

ユーロ相場は、ECB(欧州中央銀行)の金融政策に対する見通しに敏感です。短期金融市場で形成される金利を元に、19年末の政策金利※が市場でどう予想されているかを見ると、景気実態が当初の見通しを下回る状態が続くに従い、市場予想が下方修正されて行きました。今年最高は0.36%(1月)でしたが、現在は0.10%まで低下し、それと前後しながらユーロ安が進行しました。9月に景気持ち直しを示唆する経済指標が見られ上昇したものの、10月に再び弱いものが目立ち低下しました。利上げ議論の本格化は、年末頃から年明け後に後ずれし、ユーロが持ち直す時期は遅れ、上昇余地も狭まったと考えられます。

201811021

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会