アムンディ・ヨーロッパ通信~欧州の縮図としての独バイエルン州議会選挙

2018/10/19

60年ぶりの少数議席

10月14日、ドイツ(独)でバイエルン州議会選挙が実施されました。与党のキリスト教社会同盟(CSU)は、過半数を大きく割り込む85議席にとどまり、1958年以来60年ぶりに少ない議席数でした。さらに、一貫して第2党であった社会民主党(SPD)はほぼ半減の22議席で戦後最少、第4党に転落しました。代わって左派色が濃い環境政党の同盟90/緑の党が38議席で第2党に躍進。今回、初めて議席を得た右派政党のドイツのための選択肢(AfD)が22議席で第4党でした。

進む世論の両極化

バイエルン州は、伝統的なドイツの代表のような州であり、穏健な中道路線が支配的でした。しかし、2015年に大量難民流入の通り道となり、難民・移民に対する警戒的な考え方が台頭していました。今回の選挙結果は、欧州全体の世論の流れの縮図のようです。欧州議会の政党支持率は、夏場以降、中道勢力の支持率がジリジリ低下し、左右両派に分かれ出しています。難民・移民に寛大なEU(欧州連合)の理想を貫くのかどうかをめぐる、中道政党の気迷いの深刻さがうかがわれます。これまでの政党支持率は、景気が良ければ中道支持が高まる傾向がありましたが、社会構造の変化が思わぬ政治意識の変化をもたらしています。

201810191

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会