アムンディ・ヨーロッパ通信~イタリア財政問題をどうとらえたらいいか

2018/10/05

EUの健全財政ルールに反旗

予算案のEU(欧州連合)提出期限を10月15日に控え、2019年予算をめぐるイタリアとEUとの対立が懸念されています。EU加盟国は、安定成長協定(財政赤字の対GDP比3%以内、政府債務残高の同60%以内)を順守し、超過している時は、EDP※(過剰財政赤字手続き)に基づき、緊縮財政を求められます。今回、問題となっているのは、イタリアのコンテ政権が、自らの政権公約(所得税率フラット化、付加価値税増税見送り、ベーシックインカム導入)を満たすため、EDPに従わず、財政再建を3年間行わないと主張していることです。

行き過ぎた悲観の必要なし?

財政再建については、同じく苦しい財政事情を抱えるフランス、スペインも同様で、スペインではEDPに沿った2019年予算案が、7月に議会で否決されてしまいました。ただし、ユーロ圏全般の景気拡大が続く中、EU諸国の財政赤字はどこも縮小傾向で、2018年3月末時点で加盟28ヵ国中27ヵ国の財政赤字対GDP比が3%以内、政府債務の同比率は、高い国でも横ばいです。全体的に健全な中での問題なので、財政破たんなどの悲観論は行き過ぎです。双方がある程度折り合うところで妥結できれば、リスクは大きく後退すると考えます。

201810051

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会