アムンディ・ヨーロッパ通信~皇太子殿下が初のフランス公式訪問<日本とフランスの今昔物語>

2018/09/07

助け助けられ育まれた友好関係

本日7日から15日にかけて、皇太子殿下がフランス(または仏)を初めて公式訪問されます。リヨンを皮切りに、サントネ、グルノーブル、パリ、ヴェルサイユと訪問されます。ご訪問に先立つ5日、東宮御所で行われた記者会見では、日本とフランスが、お互いに助け合ってきた歴史が垣間見えました。例えば、日仏修好通商条約締結3年前の1855年、フランスの養蚕業が疫病で大打撃を受けた際、日本から蚕と生糸が輸出され、復興に貢献しました。1872(明治5)年に設立された富岡製糸場は、フランス人技師の指導で建設され、工員への技術指導が日本の産業発展に大きく貢献しました。1960~70年代にフランスの牡蠣養殖が疫病に見舞われた時、三陸産の牡蠣が産業再興に貢献しました。逆に東日本大震災の時には、フランスから牡蠣養殖の資材が提供され、三陸の牡蠣養殖の復興に役立てられました。

より奥深い豊かな関係へ

皇太子殿下は記者会見の中で、日本のポップカルチャーがフランスで人気を博していることを、浮世絵が印象派に影響したことに絡め、興味を示されていました。ジャパン・エキスポが2000年からパリで開催され、日本のポップカルチャーが大々的に紹介されており、入場者数は20万人規模に上っています。こうした文化交流を通じ、日本とフランスは、より奥深い豊かな関係を育んでいくと確信されます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up