豪州の18年4-6月期GDP~今後の市場展望

2018/09/05
  1. 実質GDPは前期比年率+3.5%と、順調な景気拡大が続きました。好調な個人消費がけん引しました。
  2. RBA18年の成長率を上方修正した一方、インフレ率を下方修正し、慎重な金融政策が予想されます。
  3. 年後半も景気は順調と見込まれ、年末に向け、利上げを巡る思惑で豪ドルは底堅さを増すと考えます

2期連続の年率+3%超

本日、オーストラリア(豪)統計局が発表した18年4-6月期の実質GDPは、前期比年率+3.5%でした。1-3月期(同+4.2%)から低下したものの、豪景気が年率+3%超で順調に拡大していることが示されました。

前期比年率に対する寄与度は、個人消費がほとんどを占めており、雇用環境改善による、所得増加が景気を押し上げている様子が示されました。一方、固定資本投資はややプラス寄与の幅が縮小しました。堅調な非鉱業投資が一服したことが背景にありますが、鉱業依存の経済体質から脱却していく方向は変わりません。

RBAは、8月に発表した金融政策報告書で、18年の実質GDP成長率見通しを+3.0%から+3.3%へ、5月発表の前回報告書から上方修正しました。良好な雇用環境と粘り強い金融緩和が、年後半の景気を刺激すると見ています。ただし、インフレ率は同じく+2.0%から+1.8%へ下方修正され、現行の金融政策スタンスが当面続くことが示唆されます。

201809051

金融政策に対する先行き観測が変化?

豪ドル相場は、米金利上昇、新興国通貨下落の流れ、工業用商品市況の不調から、新興国通貨よりは底堅いものの弱含みです。当面低金利が維持されるとの見方も、米豪金利差拡大観測につながり、豪ドルの頭を重くしていると見られます。

しかし、景気見通しがより明るくなっていることから、インフレ率が目標(+2~3%)下限近辺(4-6月期は前年同期比+2.1%)で推移したとしても、利上げ再開に対する期待は、今後より強まっていくと思われます。RBAの景気・インフレ見通しから、実際の利上げ時期は早くても19年半ばと見込まれますが、将来的な米豪金利差の縮小が意識されるようになると、豪ドルは底堅さを増してくると思われます。

201809052

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up