メキシコの18年4-6月期GDP速報~景気、通貨の展望

2018/08/01
  1. 実質GDP成長率は前年同期比+2.7%、景気は持ち直しています。個人消費等内需が好調です。
  2. インフレ率は落ち着いている一方、慎重な金融政策が採られており、経済の安定に資すると見られます。
  3. NAFTA再交渉は大詰め、選挙通過で政治リスクも後退し、通貨ペソは底堅く推移すると見ています

各種経済指標が上向き

7月31日、INEGI(メキシコ国立統計地理情報院)が発表した18年4-6月期の実質GDP速報では、実質GDP成長率は前年同期比+2.7%でした。5期ぶりの+2%超と、メキシコ景気は持ち直しています。

GDPの内訳は未公表ですが、主な経済指標を見ると、小売売上高の4-5月平均は前年同期比+2.9%と、1-3月期の同+0.9%から加速しました。鉱工業生産は4-5月平均で同+2.0%と、四半期ベースで5期ぶりに前年比プラスに転じる可能性が高まっています。固定資本投資も4-6月期に入って以降大きく伸びています。IMFによると、年後半も+2%台の成長が続き、18年の実質GDP成長率は+2.3%と、17年を(+2.0%)を上回ると予想されており、その後も景気回復傾向がより強まると予想されています。

201808017

慎重な金融政策スタンスと着実な景気回復が追い風に

景気持ち直しが鮮明化する中、インフレ率は安定しています。6月CPIは前年同月比+4.65%と目標の上限をやや上回っていますが、コアは+4%を割り込み、安定しています。一方、メキシコ中銀は、引き続きインフレ抑制優先の金融政策スタンスであり、年初から2回、0.5%利上げしています。これは通貨ペソの信任維持に貢献すると考えられます。

また、NAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉が大詰めに差し掛かっているほか、7月1日に総選挙が実施され、イベント通過で政治リスクは当面後退すると見られます。加えて、原油価格が1バレル70ドル程度で推移していることも、石油公社の収入増を通じて財政面でプラスに働くことが期待でき、いずれも、ペソにとっては追い風に働きやすいと考えます。

201808018

アムンディ・マーケットレポートはこちら

 

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会