英中銀は引き続き政策据え置き~ポンド相場の展望

2017/02/03
  1. 英中銀は政策金利を0.25%で据え置き、量的金融緩和も現行の購入枠を継続しました。
  2. ポンド安が景気、物価を押し上げていますが、英中銀は中長期的な見方を大きく変えていません。
  3. EU離脱交渉の行方が不透明でポンドの戻りを抑える一方、景気の上振れが下支えしそうです。

通貨安による物価押し上げ

1-2日に開かれたMPC(金融政策委員会)で、英中銀(BOE、イングランド銀行)は、政策金利を0.25%、APP(資産購入プログラム)に基づく国債と社債の購入枠を、いずれも据え置きとしました。

足元でインフレ率が上昇しています。12月CPI(消費者物価指数)は前年同月比+1.6%と、目標の+2%に近付いています。これに対し英中銀は、当面は金融緩和の効果を見極めるとしています。昨年6月のEU(欧州連合)離脱決定後の英ポンド(以下、ポンド)安と8月に実施した金融緩和強化がインフレ率上昇の要因と見られますが、特に前者に対する先行き不透明感が根強く、利上げは時期尚早との見方です。

201702031

政治リスク根強く、ポンドはこう着感強まる方向

同日発表された季刊のインフレーション・レポートによると、前回レポート(16年11月)に対して、実質GDP成長率は17年を中心に上方修正、CPIは足元上方修正ながら先行きは下方修正としました。また、政策金利は19年にも利上げとの見通しです。ここまでのポンド安の景気、インフレ押し上げ効果は中長期的には収れんと予想されています。

英中銀の今回の見通し修正は、いずれもポンドにとってはプラスです。しかし、EU離脱問題以外にもスコットランド独立の動きもくすぶり、政治リスクがポンドの上昇を抑えると思われます。したがって、ポンドは経済面でのプラス効果と政治面でのマイナス効果に挟まれ、当面は動きが乏しくなってくるのではないかと思われます。

201702032

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ