ブラジルの金融政策とレアル相場の展望

2016/09/01
  1. Copom(金融政策委員会)は政策金利を14.25%で据え置き、インフレ抑制スタンスを続けます。
  2. 足元のインフレ率鈍化はCopomの想定にほぼ沿っており、年末にも利下げする可能性があります。
  3. レアルは利下げ局面に上昇する傾向があり、景気見通しの改善もそれを後押しすると期待されます。

鈍化続くインフレ率も高金利維持

8月30-31日にCopomが開かれ、政策金利であるSELICレートは14.25%に据え置かれました。15年7月以来9会合連続の据え置きです。

Copomのメインシナリオによると、CPIは16年が前年比+7.3%、17年が同+5.1%と予想されています。7月時点では前年同月比+8.74%と、+10%を超えていた15年末前後からは鈍化しており、Copomはほぼシナリオに沿っていると評価しています。しかし、インフレ目標である+4.5±2%を上回る水準であり、まだ利下げの余地はないとしています。インフレ目標上限の+6.5%を割りこむ時期については、Copomの予想に沿えば17年早々と見込まれ、早ければ年末にも利下げに転じる可能性があると思われます。

201609011

金融政策と景気双方がレアルに追い風の環境へ

ブラジルレアル(以下、レアル)は、1月下旬に1ドル4.1レアル台まで下落したあと上昇に転じ、8月上旬には3.1レアル台と、対ドルで約33%上昇しました。対円も2月中旬に1レアル28円割れとなった後、7月下旬には32円台後半と約17%上昇しました。

ブラジル経済は、年内には実質GDP成長率が前年比プラスに転じる公算が大きく、インフレ鈍化が進んで利下げの現実味が増すようになると、景気の先行きもさらに明るくなると見られます。レアルは利下げ局面に上昇する傾向があり、かつ景気回復が本格化すれば、ブラジルへの投資妙味も向上し、レアルは上昇しやすい展開になると期待されます。

201609012

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ