メキシコ、政策金利据え置き~今後のペソの展望

2016/02/05
  1. メキシコ中央銀行は、24日の理事会にて、政策金利を3.25%に据え置くと決定しました。
  2. 米国追随の政策スタンスです。メキシコ経済自体は低インフレ・安定成長と良好な状態にあります。
  3. 原油価格は年後半にも需給改善で下げ止まると見込まれ、通貨ペソは底値圏にあると思われます。

米国金融政策に追随も、安定したインフレ、経済も据え置きを後押し

メキシコ中央銀行(以下、中銀)は、2月4日に開いた定例理事会で、政策金利を3.25%に据え置くことを決定しました。基本的には米国の金融政策に追随するスタンスで、1月のFOMC(米連邦公開市場委員会)でFF金利誘導水準が据え置かれたことを受けたものです。また、国内経済も、新興国の中では良好な状況にあり、特段、政策変更の必要はないと判断されました。

メキシコは、インフレ、成長率共に安定しています。12月CPIは前年同月比+2.1%と過去40年来で最低となり、目標の+2~4%の下限近くにあります。また、1月29日に速報が発表された15年10-12月期GDP統計では、実質GDP成長率が前年同期比+2.5%でした。年を通じて+2%台の成長率であり、年間では前年比+2.5%と14年の同+2.3%を上回りました。

201602051

年後半にも原油安は一巡、持ち直しへ

通貨ペソは、比較的良好な経済情勢にあるものの、このところ弱い展開です。産油国の一角として、原油価格の下落基調が強まったのとほぼ並行して下落しました。

ただ、原油安の主因である需給不安は年後半にも改善すると見込まれます。米国でのシェールオイル生産が今後伸び悩むという観測(投資減少の影響)や、産油国間で生産枠協調の気運が出ていることから、ペソは底値圏にあると思われます。原油価格が安定すれば、経済の安定感や中位程度の着実な収入が期待される金利水準などが好感され、ペソは持ち直しに転じると思われます。

201602052

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ