インドネシア経済の動向~2020年4-6月期GDPと市場展望

2020/08/06
  1. 実質GDPは前年同期比-5.32%、アジア通貨危機以来のマイナス成長です。内需が急減しました。
  2. 経済活動再開は、限定的なまま緩和が進まず、7-9月期以降の景気大幅反転の期待は低下しています。
  3. 追加利下げの公算大きく、ルピアは当面様子見気運、株価は回復方向ながら慎重な動きと見込まれます。

遠のくV字回復

8月5日、インドネシア中央統計局が発表した2020年4-6月期の実質GDPは、前年同期比-5.32%でした。四半期でのマイナス成長は、アジア通貨危機(1997年)後の景気後退期における1999年1-3月期以来のことです。新型コロナウイルスの感染防止のため「社会的大規模制限」を実施し、経済活動を抑制した影響が表面化しました。主な項目の実質GDP成長率に対する寄与度を見ると、最終消費が-3.58%、固定資本投資が-2.72%と内需が急減しました。外需(輸出-輸入)は+0.73%でした。輸入の減少度合いが輸出の減少を上回ったため、プラス寄与でした。

インドネシアでは、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、首都のジャカルタでは、社会的大規模制限の緩和が大幅に遅れています。6月から始まり、業容の50%を上限に企業活動が再開され、7月にさらに緩和される予定でしたが、現時点では8月13日まで、この状態が延長されています。7-9月期に景気が大きく反転する可能性は低くなっています。7月CPIは前年同月比+1.5%と、目標の下限を下回っており、年内はさらに数回の追加利下げが予想されます。

回復に弾みがつきにくい状態

インドネシア資本市場は、本格的な景気回復の見通しが立たない中で、今一つ方向感がつかめない状況です。6月初めまで、インドネシアルピア(以下、ルピア)は上昇傾向、株価も回復傾向が強まっていましたが、その後ルピアは反落し、株価も上昇が鈍っています。

追加利下げの公算が大きく、通常ならば債券に投資資金が流入し、ルピア高要因になりますが、コロナ禍という環境下でそのような動きは限定的で、ルピアは当面様子見気運の強い展開になりそうです。株価は、企業業績回復の道筋が描けない中、慎重な動きが見込まれます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ