アムンディ・ヨーロッパ通信~コロナ禍の下での欧州株式市場動向

2020/05/08

 

米国より戻り鈍い

世界の資本市場は落ち着きを取り戻していますが、地域別の動きには差が出ています。コロナ禍による株価の最大下落幅に対する戻り率は、欧州(Stoxx欧州600指数)が37.8%、米国(S&P500指数)が56.0%と、大きな差となっています。経済活動の制限期間が欧州の方が長く、景気後退度合いが大きいこと、景気対策の迅速性の違いなどが背景と見られます。ただし、欧州の景気対策の規模も十分大きく、米国をキャッチアップできると考えます。

コロナ後を見据えた流れが鮮明

欧州株式を業種別に分けて、相対的なパフォーマンスの良し悪しを見ると、米国と大きな差はなく、コロナ禍を反映してヘルスケアが最も良好、次いでテクノロジーです。コロナ後の社会構造の変化への貢献度が高いとして期待されていると見られます。化学も同様でしょう。一方、銀行、保険、レジャー、公益などが苦戦しています。リモート化、ソーシャル・ディスタンスに伴う業態のスリム化観測、エネルギー需要減退などが背景にあると見られます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会