米企業の景況感(4月)について

2020/05/07
  1. ISM景気指数は、全米で経済活動が制限され、PMI、NMI共に急落しました。物流障害も見られます。
  2. 全業種で雇用環境が非常に厳しく、すでにリーマンショック時以上の状況になっていると推察されます。
  3. これまで以上に厳しい景況感が警戒される中、今後、市場が現実に反応する局面もあると考えます。

経済活動のリモート化が顕著

ISM(全米供給管理協会)が発表した4月のPMI(製造業・景気指数)は、前月比-7.6の41.5、NMI(非製造業・景気指数)は同-10.7の41.8でした。新型コロナウイルス感染拡大に対して全米で経済活動が制限され、4-6月期の米国景気はさらに悪化していると見られます。

経済活動のリモート化が顕著になっており、納品指数(納品期間の長短、長いと高い)が急上昇しています。4月は76.0と、1974年4月以来の高水準です。同指数は通常、景気の加速が顕著な局面で上昇する傾向があり、1974年当時は第一次オイルショックによる急激な供給不足を反映しました。現在は企業活動の制限による供給不足に加え、外出制限の下でネット通販の利用が急増し、物流が応じきれていない様子がうかがわれます。在庫指数がやや上昇しているのも、物流に障害が出ている影響と見られます。

また、雇用指数は、製造業が27.5と2009年2月(25.5)以来の低水準、非製造業は30.0と1997年7月の公表開始以来最低です。非製造業の雇用者数は民間の非農業雇用者数の約90%占めているため、雇用環境は、実質的にリーマンショック以上に厳しくなっていると推察されます。

   

現実を意識する局面も?

米国資本市場は、日本の大型連休中、おおむね落ち着いた動きでした。大規模な景気対策が下支えになっているほか、強力な金融政策による低金利、経済活動の再開が模索され始めていることなどが安心材料になっていると見られます。

ただし、雇用環境の厳しさに見られるように、当面は、経済活動を抑制したことの現実を意識する局面も出てくると思われます。特に、これまでの景気拡大が個人消費に支えられていたこともあり、雇用関連指標に敏感に反応することも有り得ると考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会