米国雇用統計(3月)について~当面の市場展望

2020/04/06
  1. 3月の非農業部門雇用者数(NFP)は前月比-70.1万人とリーマンショック時以来の減少となりました。
  2. 外食産業、人材派遣が中心に減少しました。今後は、幅広い業種に雇用削減が広がると懸念されます。
  3. 世界的に深刻な景気後退局面に陥る公算が大きく、雇用環境は当面厳しい局面が続くと見込まれます。

人の移動の抑制で外食産業を直撃

4月3日、米労働省が発表した3月の雇用統計(速報)では、非農業部門雇用者数(NFP)が前月比-70.1万人でした。3月13日に非常事態が宣言されて以来、リーマンショック時以来の厳しい環境に突き落とされました。特に、人の移動が制限されたことで、外食産業が前月比-41.7万人と全体の6割近くを占めたほか、小売が同-4.6万人など、接客を伴う業種の雇用減少が目立ちました。また、人材派遣が同-5.0万人と、非正規雇用の減少も見られました。失業率も急上昇し、前月比+0.9の4.4%でした。

雇用環境は、今後も厳しい環境が続くと見込まれます。週次統計である失業保険申請件数(季節調整値)は3月第3週(3月15~21日)が約331万件、第4週(3月22~28日)の累計が約665万件と、膨れ上がりました。リーマンショック時の最大値66.5万件を遥かに上回る高水準です。次回の雇用統計も、今回同様の厳しい内容になることが避けられそうにありません。

企業業績の展望が見えてくるまで方向感定まらず

為替市場では基軸通貨であるドルへの需要は根強く、厳しい雇用統計にもかかわらず、ドル・円相場は1ドル108円台で底堅く推移しています。一方、日経平均株価は1万8000円台で推移しています。相場の変動性の高さを示すボラティリティ指数は4月3日時点で46.0%と、直近最高値の60.7%(3月16日)からは低下し、落ち着いた感はありますが、絶対水準はまだ高い状態です。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はまだ続いており、収束時期を予測するのはまだ困難な状況です。したがって、経済活動抑制によって、年前半は先進国を中心に大幅なマイナス成長に陥る公算大です。ドル需要は根強いと見られ、ドル・円相場は当面底堅いと見込まれます。株式市場は、企業業績が悪化することが避けられない中、悪化の度合いやその後の展望がある程度描けるようになるまでは、方向性が定まらず、神経質な展開を余儀なくされると考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up