豪州経済動向(2019年10-12月期GDP)~今後の為替相場展望

2020/03/04
  1. 実質GDPは前期比年率+2.1%と若干減速しました。個人消費と固定資本投資で明暗が分かれました。
  2. RBAは2020年の成長率を下方修正しましたが、ウイルス禍を織り込んでおらず、下方修正含みです。
  3. 中国経済落ち込みが豪ドル安要因ですが、ウイルス感染拡大が一服すれば反発局面もあり得ます。

底堅いもののウイルス禍で先行き不透明

本日、オーストラリア(豪州)統計局が発表した2019年10-12月期の実質GDPは、前期比年率+2.1%でした。7-9月期の同+2.2%(同+1.8%から上方修正)から若干減速したものの、+2%台の成長ペースを維持しました。なお、前年同期比+2.2%、2019年年間の成長率は+1.8%でした。+1%台は2009年以来10年ぶりの低水準です。

前期比年率に対する寄与度は、最終消費が+1.8%、固定資本投資が-0.8%と内需で明暗が分かれ、企業活動が低迷しました。また、外需(輸出-輸入)は+0.5%でした。輸入減少(輸入はGDPのマイナス項目なので、減少はプラス寄与)が要因で、景気減速型の外需の寄与の形でした。好調な個人消費は、利下げによる債務負担軽減や住宅市況改善による資産効果(資産価格上昇が消費を押し上げる効果)が考えられます。

中央銀行の豪州準備銀行(RBA)は、2月の金融政策報告書で、2020年の実質GDP成長率見通しを前回報告書(11月)の+2.75%から+2.25%に下方修正、2021年は+3%で据え置きました。同報告書は2月7日発表で、足元のウイルス禍の拡大を織り込んでいないため、次回(5月)では、2020年を再度下方修正、2021年も下方修正する可能性が高いのではないかと考えます。

「嵐」が過ぎ去るのを待つ

豪州は中国との経済関係が深いため、ウイルス禍による、中国経済落ち込みの影響は避けられず、豪ドルは下落しています。対円も、足元の円高・ドル安進行を受け、一時1豪ドル70円を割り込み、約10年ぶりの円高・豪ドル安水準です。

元々、国内では金融緩和効果が出始めていたこともあり、ウイルスの感染拡大が一服すれば、豪州自体は感染者数が少ないことから、景気回復期待で豪ドルに追い風が吹く局面もあると考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会