ユーロ圏の2月物価・1月雇用~為替相場展望

2020/03/04
  1. 2月HICPは総合、コア共に前年同月比+1.2%でした。底堅いものの、+1%台前半の低位が続きます。
  2. 1月失業率は前月比横ばいの7.4%、失業者数は4ヵ月ぶりに前月比増と、雇用環境改善は一服です。
  3. 新型ウイルスの世界的感染拡大でドル高が一服、ユーロは反発していますが、先行きはまだ不透明です。

ウイルス禍で環境改善遅れも

Eurostat(EU統計局)が発表した2月のユーロ圏HICP(統合消費者物価指数)は、総合が前年同月比+1.2%(前月比-0.2)、コアも同+1.2%(同+0.1)でした。原油価格下落でエネルギーが同-0.3%と3ヵ月ぶりにマイナスとなり、総合を押し下げました。コアは財、サービス共に押し上げ要因となりました。大きな傾向としては、インフレ率は底堅く推移していますが、加速する気配はなく、インフレ目標(+2%弱)を下回る+1%台前半の低位が続きます。

1月の失業率は前月比横ばいの7.4%と、2008年5月以来の7%台前半が続きました。一方、失業者数が前月比+0.1万人と、小幅ながら4ヵ月ぶりに増加しました。雇用環境は、周辺国への改善の広がりを受け、最近は緩やかな改善が続いていましたが、今回は一服しました。新型ウイルスの感染者がドイツ、フランスでも100人を超えるなど、経済活動の停滞が懸念される中、雇用、物価環境の改善が遅れる可能性も否定できなくなってきました。

追加緩和の可能性でユーロの方向性定まらず

ユーロ相場は、急反発しています。新型ウイルスの感染が欧米でも拡大し、世界的な景気先行き不安が強まりました。このため、米長短金利が先んじて低下し、日欧との金利差が縮小したことで、ドルが下落に転じたことが反映されたと見られます。3日に、緊急のFOMC(米連邦公開市場委員会)が開かれ、利下げが実施されたたため、さらにユーロ高が進行しました。今後は、欧州でも追加金融緩和が実施される可能性も出てきていますが、市場はまだ織り込んでいないと見られ、ユーロ高が持続するかはまだ不透明です。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会