アムンディ・ヨーロッパ通信~EU中期予算策定の現状

2020/02/21

 

英国の「穴」をどう埋める?

2月20-21日の日程で、EU首脳会議が開催されています。今回の注目点として、2021-27年多年次財政枠組に関する協議があります。EUは、7年ごとに中期的な財政枠組みを設定し、それを基に毎年予算を組み、EU加盟国は歳出の実績に応じて分担金を拠出します。今回の課題は、英国が離脱した後の分担金の配分です。英国はEU第2の経済大国であったため、財源のウエイトが大きく(右図参照)、この「穴」を埋めるには、各国の拠出増加が避けられません。分担金は各国のGNIの1%程度がこれまでの実績です。

予算縮小は難しい情勢

ミシェル大統領(欧州理事会議長)は、たたき台として約1兆900億ユーロの枠組みと、GNIの1.074%の分担金を提示しました(2014-2020年の財政枠組では1.04%)。これに対し、分担金をGNIの1%以内に抑えるべきとする国、英国離脱後も財政枠組の縮小は避けるべきとする国など、様々な意見が入り乱れています。EUは、2050年の温室効果ガス排出ゼロを目標に打ち出した「欧州グリーン・ディール構想」に対し、相応の歳出を計画しており、現実的に予算縮小は難しく、加盟国は拠出増に応じざるを得ないと見込まれます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会