米企業の景況感(12月)について~年明け後の景気・市場展望

2020/01/08
  1. 製造業と非製造業とで明暗が出ましたが、総合的な業況は改善しました。内需の底堅さが支えています。
  2. 2019年後半以降の金融緩和の景気刺激効果が次第に表面化し、景気は下支えられると見込まれます。
  3. 市場は足元波乱含みですが、基本的に景況感改善の方向で、実態を確認しつつ推移すると考えます。

良好な雇用環境による景況感の下支え続く

ISM(全米供給管理協会)による12月のPMI(製造業購買担当者指数)は前月比-0.9の47.2、NMI(非製造業購買担当者指数)は同+1.1の55.0でした。両者で明暗が出ましたが、生産高による加重平均は前月比+0.8の53.7と、総合的な景況感は改善しました。

PMIの構成指数では、生産指数が前月比-5.9の43.2で2009年5月以来の低水準と、景気後退期相当のレベルです。また、新規受注指数は同-0.4の46.8と小幅低下ですが、2009年4月以来の低水準で、やはり景気後退期並みのレベルです。引き続き海外景気の減速が影響しています。

NMIの構成指数では、企業活動指数が前月比+5.6の57.2と急回復し、内需の底堅さが示されました。良好な雇用環境が影響していると見られます。PMI、NMI共に雇用指数は前月比低下しましたが、NMIの雇用指数は55.2と良好であり、総合的な景況感を支えたと見られます。

 

市場は景気実態を確認しながらの推移

米国株式、債券市場は、中東での地政学的リスク拡大で、年初から波乱含みの展開です。局所的な軍事行動の応酬はあるものの、全面的な衝突に発展する公算は小さいと見込まれ、時間の経過に伴って、当該リスクは次第に市場に織り込まれていくと考えます。

先行きについては、2019年後半以降の金融緩和の景気刺激効果が次第に表面化し、景況感は改善方向に転じると見ています。期待先行で推移した2019年に比べ、2020年は実際の景気改善を確認しながらの推移となり、当初は慎重な値動きをすることも考えられますが、基本的には景況感の改善を見据えた底堅い展開になると考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会