アムンディ・ヨーロッパ通信~欧州の「小さな国」~ローマ教皇来日に寄せて

2019/11/29

 

教皇来日は38年ぶり

11月23~26日、第266代ローマ教皇フランシスコが来日しました。第264代教皇ヨハネ・パウロ二世以来、38年ぶりの来日でした。教皇フランシスコは、「すべてのいのちを守るため」をテーマに、被爆地である広島、長崎で核兵器の廃絶を訴えたほか、東日本大震災の被災者との面談、東京ドームでの大規模なミサなど、82歳という年齢を感じさせず、精力的に活動していたことが印象的でした。

豊かな国が多い

ローマ教皇はバチカン市国の元首でもあります。同国は、誰もが知る世界最小の国で、面積は0.44㎢と、皇居(1.15㎢)の半分もありません。国土全体が世界遺産となっています。面積が小さい国は、島嶼国は世界に散見されますが、欧州では内陸にも目立ちます。多くは貴族の領地でした。欧州大陸は、中世から頻繁に戦乱にさらされ、領土や政治体制が長らく不安定であったことから、これらの国は大国の狭間で従属と独立を繰り返しながら生き残ってきました。欧州の「小さな国」は、現在はタックスヘイブン(租税回避地)として富裕層の資産を集め運用する金融業や観光業が主な成長の源泉で、概して豊かです。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会