アムンディ・ヨーロッパ通信~ボジョレー・ヌーヴォー解禁に寄せて

2019/11/26

 

2019年は大幅に生産減少

11月21日、ボジョレー・ヌーヴォーが解禁となりました(毎年11月第3木曜日が解禁日)。2019年は霜害、雹害、熱波など自然災害が多く、原料種のぶどうの収穫が過去5年間の平均を20~30%下回ったもようです。しかし、最終的には天候が安定し、収穫されたぶどう自体はしっかりと成熟したとのことで、生産者団体によると、バランスのよい味わいになったと評価されています。日本は、ボジョレー・ヌーヴォー輸出量の半分程度を占める「お得意さん」ですが、絶対量はピークに比べてかなり減少しており、2019年は生産減少もあいまって、さらに少ないと見られます。

天候の影響が大きくなった?

世界的に見ても2019年のワイン生産は低迷しました。国際ぶどう・ワイン機構(O.I.V)によると、世界のワイン生産量は前年比-10%が見込まれています。ユーロ圏諸国のワイン生産量は世界の50%強で、そのうち最も生産量が大きいのはイタリア、次いでフランス、スペインとなっています。2019年は前年比-16%と、他地域に比べて生産量の減少が目立ちました。生産量の推移に見られるように、2017年も天候不順で生産量が大幅に減少するなど、近年は気候変動の影響が大きくなっているように感じます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会