アムンディ・ヨーロッパ通信~IMFの最新ユーロ圏経済見通し

2019/10/25

在庫調整圧力長引く

去る10月7日、IMFが世界経済見通しを発表しました。ユーロ圏の実質GDP成長率は、2019年が+1.2%、2020年が+1.4%と、7月に発表された前回の見通しから、それぞれ0.1ポイント、0.2ポイント下方修正されました。外需の減退と、積み上がった在庫を削減するための生産の抑制が長引いていることが背景にあります。また、英国のEU(欧州連合)離脱問題などの政治リスクが解決せず、企業行動が慎重となり、投資活動が鈍っていることも一因になりました。主要国では、外需への依存が高いドイツと、内需が弱く、財政出動も期待しにくいイタリアで下方修正の大きさが目立ちました。

景気失速リスクは小さい

IMFの見通しにもあるように、下方修正はされたものの、景気失速のリスクは依然として小さいと考えられます。ECB(欧州中央銀行)を含む多くの国・地域の金融当局が金融緩和を進めており、先行きは景気刺激が期待されます。また、今年の景気下押しの一因となった環境対策強化からくるドイツでの自動車生産減少が一巡するといった、テクニカルな要因も作用すると考えられます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会