アムンディ・ヨーロッパ通信~Brexit協定案合意!しかし・・・

2019/10/18

合意なき離脱の可能性は残る

17日、英政府とEUは、ジョンソン英首相が提出したEU離脱協定案について合意しました。18日までのEUサミット(首脳会議)で承認されると見込まれます。7月に首相に就任して3ヵ月足らずで、EUとの合意に漕ぎ着けた政治的手腕には目を見張るものがありますが、円滑なEU離脱には、まだ大きな壁が立ちはだかります。19日に再開される英議会の下院で承認を受ける必要があるということです。否決されると、首相はEUに離脱延期を申請することが法律で義務付けられています。しかし、EUがそれを否決した場合、結局、合意なき離脱に至る可能性があります。

波乱含みの状況は変わらず

現状、議会で承認を受けるのは困難な情勢です。与党勢力で北アイルランドの地域政党である民主統一党(DUP)が国境の取り扱いに不満を表わしており、党首が賛成しない意向を示しています。野党は総じて今回の協定案には否定的です。野党での離反や無所属からの取り込みを考慮しても、賛成はせいぜい300票程度で、過半数(326票)には届きそうにありません。市場は合意を一旦は好感したものの、依然波乱の展開が続きそうです。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会