米国雇用統計(2019年8月)~金融政策と市場への影響をどう見る?

2019/09/09
  1. 8NFPは前月比+13.0万人でした。雇用の増勢鈍化が、民間中心に前月より鮮明化してきました。
  2. 一方、賃金は堅調です。雇用の増減を反映した総賃金の伸びが高まり、消費を下支えしたと見られます。
  3. 景気減速の実態に応じて、金融当局の緩和姿勢が維持されれば、市場は前向きになると思われます。

賃金は底堅いものの伸び代は小さい

9月6日、米労働省が発表した8月の雇用統計(速報)では、非農業部門雇用者数(NFP)は前月比+13.0万人でした。安定的な雇用増加ペースを示す月15~20万人の維持が危うくなっています。幅広い業種で雇用の増勢鈍化が見られ、特に今回は、連邦政府による国勢調査要員の一時雇用が含まれ、実質的には10万人程度の増加幅にとどまったと見られます。

雇用者数の動きは、ISM(全米供給管理協会)が発表した企業の景況感指標を構成する雇用指数が、いずれも低下したのとほぼ整合しています。

一方、賃金は引き続き堅調でした。民間企業時間当たり平均賃金は、前年同月比+3.2%と+3%台を維持しました。今回は特に、雇用の増減を反映した総賃金が同+4.4%となり、足元の個人消費を下支えした見られます。ただし、ここまでの雇用の増勢から、さらに伸びが高まる可能性は低いと思われます。

景気の実態に対する当局の姿勢が重要

ドル・円相場は、足元は107円近くに持ち直しています。米中貿易交渉再開報道のほか、雇用統計の内容が弱いと市場に受け取られ、9月17-18日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で追加利下げの確度が高まり、景気の先行き不安の後退も影響したと見られます。株価も上昇しました。

雇用指標をはじめとして、景気減速の流れが、これからも様々な経済指標に表れてくると予想されます。今後も景気実態に応じて緩和姿勢が維持されれば、市場は前向きに反応すると考えられます。追加利下げに加え、今後の金融政策スタンスが重要と考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会