アムンディ・ヨーロッパ通信~英国、イタリアに見る議会の混乱

2019/09/06

総選挙の可能性はまだ残るが・・・

英国では議会が再開し、ジョンソン首相は10月15日への総選挙の前倒しを提案しました。英国における議会解散の要件は、内閣不信任案の可決、または下院議員の3分の2(434人)以上の同意です。採決では、288人の大量棄権を出し、賛成は298人(反対56人)にとどまり、解散・総選挙は否決されました。同日可決された「合意なきEU離脱を阻止する法案」が成立すれば、解散を再提案した場合、棄権した議員の相当数が解散賛成に回る可能性もあります。しかし、ジョンソン首相は、冗長に離脱延期を繰り返すことに否定的です。来週から再び議会は休会しますが、離脱期限の10月末に向け、まだ何が起こるか予想がつきません。

イタリアの政局は安定したのか?

一方、イタリアでは、第一党の五つ星運動が第二党の同盟との連立を解消し、第三党の民主党と連立政権を成立させます。しかし、大衆迎合的といわれる五つ星運動との政策面での隔たりは大きく、再び政権内で対立が激しくなる可能性は否定できません。ひとまず混乱は収拾されますが、安定したとは言いにくいと思われます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会