アムンディ・ヨーロッパ通信~EU離脱完遂へ動き出した英国

2019/08/30

現実味帯びる「合意なき離脱」

ジョンソン首相がEU(欧州連合)離脱を完遂すべく動き出しました。9月9日から10月13日まで議会を休会し、10月末に「合意なき離脱」に踏み切ることも辞さない姿勢を鮮明にしました。穏健離脱派や残留派の動きを封じた形です。また、ジョンソン首相は、EUと代替的な通商協定が決まるまでEUの関税同盟にとどまる「バックストップ条項」に反対の立場です。関税同盟にとどまる限りEUのルールに従う必要があり、独自の動きができないためです。一方、EUが再協議に応じるようすはなく、「合意なき離脱」が現実味を帯びています。

国民も覚悟し始めた?

国民の姿勢に変化が見られます。政党支持率を見ると、ジョンソン氏の首相就任後、保守党の支持率が急回復しています。離脱完遂への姿勢が評価され、強硬な離脱を主張するBrexit党の支持を吸収した形です。また、残留、離脱を問う世論調査は、ほとんどの調査で残留が離脱を上回っていますが、その差は縮小傾向にあり、直近の調査(8月19日発表、Kanter調べ)では残留36%対離脱35%と僅差でした。英国民も離脱を覚悟し始めたのでしょうか?

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会