アムンディ・ヨーロッパ通信~日・EU EPA発効から半年-日本酒の輸出は?

2019/08/09

景気に忠実な輸出の推移

2019年2月、日本とEUとのEPA(経済連携協定)が発効して半年が経過しました。発効当時で話題になったことでは、お酒に課される関税の即時撤廃が思い出されます。日本酒の蔵元オーナーが販路拡大に奔走する姿をメディアでよく見かけました。あれから半年、日本酒の欧州市場開拓の成果は上がったでしょうか?過去10年の日本からEUへの日本酒の輸出を見ると、伸び率は驚くほど欧州の景気に連動しています。やはり、嗜好品であるお酒は、懐に余裕があってこそ手が伸びるものであるということが分かります。

景気減速の中で大健闘

2019年前半の日本酒輸出量は、前年比+10.3%で、前半の勢いが続けば、年間輸出量が過去最大を更新すると見込まれます。現在、欧州の景気は減速傾向となっており、輸出環境が決して明るくない状況でのこの伸び率は大健闘といえるでしょう。前年比-10.1%と低迷した2018年と比べると、EPAの成果が出ていると言えるのではないでしょうか。一方、2019年前半の、日本のEUからのワイン(ぶどう酒類)輸入量は、前年比-8.4%と低迷しています・・・

201908093

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会