7月の米国企業景況感~利下げの影響は?

2019/08/06
  1. 米国企業の景況感は拡大方向ながら、その度合いは弱まっています。内需の減速がうかがわれます。
  2. 業種別の景況感やGDPの予測指標では、内需の中でも個人消費の減速が示唆されています。
  3. 景気失速リスクは小さく、利下げ効果も期待されますが、景気持ち直しは1-2四半期先と見込まれます

内需にも景気減速広がる情勢

ISM(全米供給管理協会)が発表した7月の製造業PMIは前月比-0.5の51.2、非製造業NMIは同-1.4の53.7でした。いずれも50以上なので、業況は全体的に拡大方向で変わらないものの、勢いがさらに鈍化しました。また、直近2ヵ月はNMIの低下が目立ちます。

PMI、NMIの構成指数の動きは、生産指数、企業活動指数(PMIの生産指数に相当)の低下が目立ち、足元の活動鈍化がうかがわれます。また、新規受注指数は、PMIが小幅上昇も、NMIは低下し、当面の活動にも弱さが見られ、米国景気の減速が続いていることをうかがわせるものでした。

なお、業種別の景況感(製造業、非製造業各々18業種ずつ、○(改善)、×(悪化)、△(不変))では、○は、製造業が9と2016年9月以来の1ケタ、非製造業が13と6ヵ月ぶりの低水準でした。非製造業では小売業と卸売業が双方×と、個人消費の減速がうかがわれる動きです。

201908063   201908064

景気失速リスク小さいが、持ち直しには時間要する

アトランタ連銀発表のGDPNowによると、2019年7-9月期の実質GDP成長率推計値は前期比年率+1.9%(8月2日時点)となっており、前期並みの成長が予想されています。成長率の内訳では個人消費の減速が予想されています。

7月31日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が利下げを決定し、今後、景気の下支えが期待されます。現在のインフレ率と比べて金利水準が十分低く、基本的に景気失速リスクは小さいと考えます。ただし、利下げの効果が出るまでには1~2四半期のタイムラグが想定され、景気が明確に持ち直すのは10-12月期以降になると予想され、それまでは減速気味の景気状況が続くと見込まれます。

201908065

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up