米国雇用統計(2019年7月)~今後の見通し、為替相場への影響

2019/08/05
  1. 7NFPは前月比+16.4万人でした。ペースは徐々に低下も、月1520万人を維持しています
  2. 賃金は前年同月比+3.2%と堅調ですが、雇用増加ペースが低下し、総賃金の伸びは鈍化しました。
  3. 当面、雇用・所得環境が大きく悪化する公算は小さく、市場でドルが見直される局面もあると考えます

総賃金の伸び鈍化はひとまず一服か

8月2日、米労働省が発表した7月の雇用統計(速報)では、非農業部門雇用者数(NFP)は前月比+16.4万人でした。6月が同+19.3万人と、速報の同+22.4万人から下方修正され、そこからさらに鈍化した形です。ただし、月15~20万人の増加ペースは維持されました。一方、NFPの動きに半年程度先行する傾向がある人材派遣業雇用者数が、ほぼ横ばいで推移していることから、雇用の増加ペースが再び上昇する可能性は低いといえます。

雇用の増加ペースの鈍化は、賃金にも影響しています。民間企業時間当たり平均賃金は前年同月比+3.2%と、12ヵ月連続で+3%台を維持し堅調です。ただし、労働時間と雇用者数の変化を加味した総賃金は前年同月比+3.5%と、年初来最低でした。総賃金の伸びは、個人消費の伸びに対して若干遅行する傾向あります。足元の個人消費は、2018年ほどの勢いはないものの、底堅く推移しており、総賃金の伸び鈍化はひとまず一服する公算が大きいと考えます。

201908051

米景気の下押し圧力小さく、一転円安も

ドル・円相場は、7月31日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が決定した利下げ(FF金利:2.25-2.5%➝2-2.25%)と、パウエルFRB(米連邦準備委員会)議長の発言が、金融緩和に対する積極性に欠けるとして市場の失望を買い、ドル安・円高が進行しました。

金融政策への信頼感が揺らいだことで、ドル安傾向の継続が懸念されますが、現在の金利水準では景気下押し圧力は限定的と見込まれます。当面、雇用・所得環境が大きく悪化する公算は小さく、米景気に対する見直しから、ドル高・円安に転じる局面もあると考えます。

201908052

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up