アムンディ・ヨーロッパ通信~ギリシャ総選挙プレビュー

2019/06/14

政権交代の公算大

ギリシャというと、4年前に反緊縮財政を掲げるSYRIZA(急進左派連合)が政権を奪取し、Grexit(ギリシャのEU離脱)という造語が生まれるなど、大きな風を巻き起こしたことは記憶に新しいところです。ところが、5月の欧州議会選挙で最大野党のND(新民主主義党・中道右派)に敗北し、党首のチプラス首相は議会の解散を大統領に要請、受理され、7月7日に総選挙が実施されます。これまでの世論調査によると、NDが過半数を獲得し、政権が交代する公算大です。NDは穏健な保守主義政党で親EUです。

財政再建終え国民は安定求める

政権を奪取したSYRIZAは結局、EUとIMF(国際通貨基金)による緊縮財政の要請に従って財政再建を進め、2018年8月に金融支援が終了しました。ギリシャは2016年半ばに景気が底打ちし、2017、2018年と2年連続で財政黒字となりました。しかし一方、リーマンショック前の景気のピーク時から、1人当たりGDPは最大25%減少し、失業率は7.3%から27.8%まで上昇しました。財政再建のために国民が払った犠牲はあまりにも大きく、ようやく経済の安定を取り戻した今、国民が政治にも安定を求めるのは、ある意味当然ではないかと思われます。

201906141

アムンディ・マーケットレポートはこちら

 

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会