アムンディ・ヨーロッパ通信~欧州ハイイールド債市場の現状

2019/06/07

「リスクオフ」で足元やや軟調

欧州のハイイールド債市場は、昨年秋から年末年始にかけ、景気先行き懸念から価格が下落(利回りは上昇)しました。しかし、米国の金融政策が緩和方向に傾斜したこともあり、4月下旬まで堅調(利回りは低下)でした。それ以降はやや軟調な展開です。米国が対中輸入に対する関税を強化したことから、リスクオフ(危険回避的な市場心理)が強まったためです。こうした中、欧州国債の利回りは低下基調が強まり、ドイツ国債利回りは大きく低下しました。現在、残存15年までマイナス利回りとなっており、欧州ハイイールド債の平均的な残存年数に近い5年国債利回りは-0.6%と、欧州ハイイールド債利回りとの差は5%程度に拡大しています。

国債利回り低下で投資妙味?

国債利回りのマイナス幅が拡大したこともあり、欧州ハイイールド債への投資機会が出てきたのではないかと考えます。現在の平均利回りは4.4%と、適当な利息収入が期待できます。また、ハイイールド債市場に影響を与える景気、企業業績は、緩和的な金融政策の下で底堅く、大きく下落するリスクは相対的に小さいと考えています。

201906074

欧州ハイイールド債:ICE BofAML European Currency High Yield Constrained Indexを使用

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up