欧州議会選挙の結果について

2019/05/27
  1. 欧州議会選挙は、大勢としては右派の躍進と左派の後退、中道がほぼ横ばいという結果となりました。
  2. 政治会派別で見ると、左派右派共に多数会派の後退と同時に、急進的な主張の会派が伸長しました。
  3. 政治状況に大きな変化はないと見込まれます。ユーロ相場は政治リスクの緩和で底堅くなると考えます

多数・穏健会派後退&少数・急進会派躍進

23-26日に欧州議会選挙が実施されました。これまでの集計に基づく開票結果(速報)によると、中道勢力が最大議席数を維持しました。一方、左派が後退し、右派が躍進しました。ほぼ、事前の世論調査通りの議席配分になったと見られます。

ただし、政治会派別の勢力図は変化がありました。中道勢力最大会派の欧州人民党(EPP)の議席が減少した一方、同じ中道勢力で、EPPよりも改革指向が強い欧州自由民主同盟(ALDE)が議席を増やしました。左派勢力は最大会派の社会民主進歩同盟(S&D)が大幅に議席を減らした一方で、やや主張が急進的な緑の党・欧州自由同盟(Green/EFA)、欧州統一左派・北方緑の左派同盟(GUE/NGL)がその一部を埋める議席増となりました。右派勢力はほぼ全体的に議席が増えました。右派会派(3会派)はいずれも現在のEU(欧州連合)体制に疑義を唱えるEU懐疑派です。

中道勢力と中道左派(S&D)(両者合わせて「穏健会派」とした)を合わせると過半数(376議席)を超えるため、基本的に、議会内の政治状況が大きく変化する可能性は低いと思われます。ただし、EU懐疑派の影響力が増したことを受けて、EUの政策スタンスがやや右傾化し、EUの政策に反映される(各国の主権をより尊重、移民政策の厳格化など)可能性は否定できません。

201905271

懸案は相変わらずくすぶるが・・・

ユーロ相場は、景気減速や英国のEU離脱問題などへの市場の懸念からさえない展開ですが、足元は若干戻し、約10日ぶりに1ユーロ1.12ドルを回復しました。大きな政治イベントを終えたことで、政治リスクがその分緩和されたためと考えられます。メイ英首相が辞任を発表したことや、対米輸出自動車に対する関税強化の問題など、まだ政治リスクはくすぶっているほか、景気先行き不透明感も払拭されたわけではなく、さえない展開は相変わらずですが、底堅さは以前よりやや増したと考えます。

201905272

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会