アムンディ・ヨーロッパ通信~欧州議会議員選挙プレビュー

2019/05/17

欧州議会とは?

5月23~26日に欧州議会議員選挙が実施されます。5年毎に実施され、現在議員数は751、国別の議席数は人口を基に配分されます。選挙制度は比例代表制が原則です。議会では複数の国と政党で政治会派が結成され、現在8会派が存在します。政治会派は全加盟国の4分の1以上、議員数25名以上が要件で、各種委員会に委員席が与えられます。欧州議会は立法機関であるほか、執行機関である欧州委員会の統制、各機関の監督を行います。ちなみに、ECB(欧州中央銀行)総裁は欧州議会に任命権があります。

右派の影響力拡大へ

今回の選挙では、右派の躍進がほぼ確実な情勢です。前回選挙の結果と最近の世論調査とで議席数の割合を比較すると、右派が21%➝25%(+4)、中道が39%➝40%(+1)、左派が40%➝35%(-5)となっています。引き続き中道が最大勢力を維持すると予測されており、政治環境は基本的に変わらないと見込まれます。ただし、予算編成や政策策定などで、右派会派の主張が一部反映される例が出てくる可能性は高まると考えられます。

201905171

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up