英国の金融政策について~インフレレポートと為替相場の行方

2019/05/08
  1. 金融政策委員会(MPC)は政策金利を0.75%に据え置きました。安定したインフレの下で様子見です。
  2. 四半期インフレレポート(QIR)では、インフレ率が下方修正され、利上げの時期は後ずれとなりました。
  3. EU離脱を意識した金融政策スタンスから、景気は離脱後比較的早期に持ち直すと予想されています

利上げ時期はさらに遠のく

イングランド銀行(英中央銀行、以下、BOE)は1-2日のMPCで、政策金利を0.75%に据え置きました。CPIは3月で前年同月比+1.9%、コアは同+1.8%と、目標としている+2%弱でおおむね安定しており、様子見となりました。

また、同日BOEが発表した四半期インフレレポート(QIR)では、Brexit(英国のEU〔欧州連合〕離脱)の経済的な影響をBOEが警戒する姿勢が続いている様子がうかがわれました。CPIは、2019年10-12月期以降が下方修正されました。原油安の影響が考慮され、+2%に乗るのは21年以降とされました。これを受けて、政策金利については利上げ時期がさらに1~2四半期後ずれし、2020年末までに利上げできるかどうか微妙な情勢になってきました。

201905083

ポンドは当面材料難も次第に切り上がり

ポンド相場(対ドル)は、2018年夏場以降、1ポンド1.25~1.33ドルのレンジで方向感なく推移しています。足元では、Brexitの期限が10月末まで延期されたことから、相場を動かず材料が国内的には少なくなり、ドルの動きに左右されています。

先行きについては、Brexitは何らかの結論が出ると見込まれること、国内景気が大きく落ち込まないのに加え、米国景気は今しばらく減速傾向が続くことを背景に、ポンドはやや強い展開となり、途中Brexit関連で波乱はあっても、年末までに1ポンド1.35ドル前後へ切り上がる展開を想定しています。

201905084

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up