アムンディ・ヨーロッパ通信~金融緩和強化で欧州債券市場に妙味

2019/03/08

資金供給量を維持

ECB(欧州中央銀行)は7日、定例理事会を開きました。ユーロ圏の景気・物価見通しを下方修正し、事実上の金融緩和強化策を打ち出しました。現在0%の政策金利については、最短「夏まで維持」としていた方針を「年末まで維持」と長期化し、さらに銀行貸出の活性化を目指す資金供給手段であるTLTRO(Targeted Longer-Term Refinancing Operationsの略称)を再開し、資金供給量の維持を目指します。インフレ率の目標である+2%弱の達成は21年でも不透明で、低金利維持は年末を超えて長引きそうです。

イールドハンティング再燃?

ECBの発表した金融政策は、市場には驚きをもって受け入れられ、ユーロ安が進行した一方、低金利が長引くという見方から債券市場では投資資金が流入し、欧州の国債利回りが一様に低下(価格は上昇)しました。ユーロ圏の景気先行きに対する不透明感が強まるにつれ、欧州の中長期金利は徐々に低下してきましたが、ここに来てもう一段の低下余地が出てきたほか、より利回りの高い債券に投資しようとする「イールドハンティング」の再燃が鮮明化してきました。特に、TLTRO再開で金融機関経営の安定性が増せば、利回りが高めの国の国債が選好されやすくなると考えられます。

201903083

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会