南アフリカ経済、金融政策~景気、為替相場の展望

2019/03/06
  1. 実質GDPは前期比年率+1.6%でした。減速はしたものの、緩やかな景気回復が示されました。
  2. SARBは中長期的な成長率の上昇を予想していますが、実現には構造改革が重要と指摘しています。
  3. 歳出抑制と同時にESKOM支援もするなど、国際信任維持に向けて厳しい政策判断が迫られています

消費は堅調も大幅な在庫減

5 日、南アフリカ(南ア)統計局が発表した18年10-12月期の実質GDP(支出ベース)は、前期比年率+1.6%でした。7-9月期からは減速したものの、プラスを維持し、景気の回復が緩やかに進んでいることが示されました。

実質GDP成長率(前期比年率)に対する寄与度は、内需が-7.1%、外需(輸出-輸入)が+8.7%でした。内需は個人、政府共に消費が堅調で、個人消費の寄与度は+2.0%と大きくなった一方、在庫投資が反動減で-8.7%の大幅マイナス寄与となり、全体を押し下げました。外需は輸入の反動減(前期比年率-16.0%)により、大幅なプラス幅となりました。SARB(南アフリカ準備銀行)は19~21年の見通しを発表しており、+2%成長に向けて緩やかな回復が続くとしています。しかし、脆弱な経済構造の改革が、その実現に向けた重要な要件であるとしています。

201903063

現実の厳しさに直面する南ア経済

1月15-17日の金融政策委員会で、政策金利は6.75%に据え置かれました。インフレ率は年内、目標圏内にとどまると想定されています。一方、ラマポーザ政権は、脆弱な経済構造の改革を目指しつつも、国営電力会社ESKOM支援のための支出(GDP比0.5%程度)を余儀なくされるなど、厳しい政策判断を迫られ、財政再建は遅れざるを得ない情勢です。

こうした中、ランド相場は、財政再建の遅れが国際的な信任にマイナスとの見方から、足元は弱い動きです。構造改革といっても、ESKOMに代表されるような弱い社会インフラ、硬直的な雇用制度など、構造問題が山積し、即効性のある政策手段は乏しい情勢です。ランド相場は、米金利の頭打ちと、構造改革への期待が追い風となっていましたが、現実に直面するにつれ、上昇を抑えられたといえるでしょう。当面は、ESKOMの支援・改革の行方を見極めつつ、1ドル13~15ランド程度のレンジを形成していくと見込まれます。

201903064

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会