アムンディ・ヨーロッパ通信~メイ首相に英国民は意外と暖かい目?

2019/03/01

離脱延期の可能性急浮上

メイ首相は26日、3月29日に迫った英国のEU(欧州連合)離脱について議会で演説しました。3月12日までにEUと修正離脱協定で合意を目指し、2回目の採決を実施するとしました。それが否決、もしくは合意に至らない場合、「合意なき離脱」の是非を採決、それも否決ならば、離脱時期の短期延期を要請する是非を採決するとしました。これらは27日、議会で承認されました。アイルランド国境の取り扱いをめぐるEUとの協議の行方は依然不透明で、ここにきて離脱延期の可能性が急浮上してきました。元々、メイ首相は延期に否定的でしたが、離脱強硬派、EU残留派双方からの批判にさらされ、万策尽きた感が否めません。

「孤軍奮闘」に信頼感?

こうした中、英国民は意外とメイ首相を暖かい目で見守っているようです。相応しい首相に関する世論調査によると、メイ首相はそれほど支持を落としておらず、むしろ政権運営が混迷を深めた年明け後は回復しています。一方、野党・労働党のコービン党首の支持が落ち込み、どちらでもない等の既存政党への不満増加につながっています。混迷を深める英政府・議会の中で、「孤軍奮闘」を続けるメイ首相に、国民はいくらかの頼もしさを感じているのかもしれません。

201903011

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会