アミファ <7800> 人件費増等で 20 年 9 月期は減益見込みだが、来期以降は増収増益を予想する

2020/08/07

100 円ショップを主力販路とするライフスタイル雑貨のファブレスメーカー
人件費増等で 20 年 9 月期は減益見込みだが、来期以降は増収増益を予想する

業種: その他製品
アナリスト: 大間知 淳

  1. 会社概要
    ・アミファ(以下、同社)は、100 円ショップを主力販路としたライフスタイル 雑貨のファブレスメーカーである。
    ・売上高の 9 割弱を占めるワンプライス商品のほか、販売先の委託により 受注生産する OEM 商品、フラワー関連商品であるフルール商品、その 他商品を手掛けている。

 

  1. 財務面の分析
    ・16/9 期~19/9 期の期間では、主力のワンプライス商品が牽引役となり、 売上高は年平均 10.2%、営業利益は同 12.8%増加した。
    ・安全性や、成長性、収益性の観点で類似企業に比べやや魅力的な水 準にある。

 

  1. 非財務面の分析
    ・知的資本の源泉は、企画開発と営業に集中した組織体制にある。

 

  1. 経営戦略の分析
    ・同社は、未開拓分野への進出による 100 円ショップ市場の深掘りや、100 円ショップ以外の販路開拓により、収益の拡大を目指している。

 

  1. アナリストの評価
    ・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、20/9 期の業績は、ワン プライス商品以外の不振により、売上高は会社計画をやや下回ると見込 んだものの、営業利益は、売上総利益率が改善していることを踏まえ、人 件費増等で前期比減益ながら、会社計画とほぼ同水準と予想した。
    ・当センターでは、100 円ショップの出店拡大や、同社の市場シェアの若干 の上昇等による売上高の増加と、コストの伸びの鈍化に伴い、21/9 期は前 期比 4.7%増収、8.4%営業増益、22/9 期は同 4.0%増収、8.5%営業増益を 見込んでいる。

>>続きはこちら(1.62 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ