ディーエムソリューションズ<6549> 20年3月期の会社計画は減益見込みだが、ダイレクトメール事業の安定感は不変

2019/09/13

縮小が続く業界で創業来14期連続増収を続けるダイレクトメール会社
20年3月期の会社計画は減益見込みだが、ダイレクトメール事業の安定感は不変

業種: サービス業
アナリスト: 藤野敬太

◆ 会社概要
・ディーエムソリューションズ(以下、同社)は、ダイレクトメールの発送代行を主な事業とする。インターネット関連の事業も展開している。

◆ 19年3月期決算
・19/3期連結決算は、売上高12,178百万円(前期比16.7%増)、営業利益291百万円(同70.2%増)で、期初の単体の会社計画に対する達成率は、売上高が108.2%、営業利益が194.6%となった(前期比は18/3期単体との比較)。新規案件の順調な積み上がりでダイレクトメール事業が堅調だったほか、18/3期に業績が悪化したインターネット事業の業績が回復したことが貢献した。

◆ 20年3月期業績予想
・20/3期単体業績について、同社は売上高13,995百万円(前期比14.9%増)、営業利益270百万円(同7.5%減)を予想している(前期比は19/3期連結との比較)。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、20/3期の業績予想を、売上高14,089百万円(前期比15.7%増)、営業利益290百万円(同0.6%減)へ修正した。2つの事業とも増収となり、売上総利益率も改善する一方、広告宣伝費や人件費等の将来の成長のための費用増やのれん償却費の増加により、営業利益は前期比微減になるものと予想した。

◆ 今後の注目点
・当センターでは、21/3期以降、年12~13%台の増収が続き、売上総利益率はほぼ横ばいで推移するものの、増収効果による売上高販管費率の改善により、営業利益率は年0.2%ポイントずつ改善する展開を予想する。
・ダイレクトメール事業は安定成長が続く一方、インターネット事業はM&Aも含め、業績変動の振れ幅が大きくなる傾向にある。インターネット事業においては、M&Aが行われる可能性のほか、取得したインターネットメディアの業績貢献の進捗が当面の注目点となろう。

>>続きはこちら(1.72 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。