東映アニメーション(4816):高木社長 吉谷取締役 海外の映像販売版権ビジネスが好調に推移。売上は前期比減も期初予想を上回り、営業利益は前期比4.9%増の19億円を達成。アジア事業の好調から、通期予想を売上・利益ともに上方修正した。

2014/11/19
ifiskabu_baner

説明会開催日:2014年10月31日
代表取締役社長 高木 勝裕 氏
取締役  吉谷 敏 氏


東映アニメーションが10月30日に発表した2015年3月期中間決算は、海外向け映像販売及び版権ビジネスが好調に推移。また「テレビアニメ」も、TV新作放映・配信本数の増加で大幅増収、一方「劇場アニメ」は前年同期のヒット作に相当するものがなく、「コンテンツ」においても「ワンピースフィルムZ」や「ドラゴンボール」シリーズのブルーレイ・DVDに相当するものがなく減収。この結果、売上は、前期比9.7%減の143.7億円となったが、期初予想は上回った。また営業利益は、利益率の良い海外映像の伸びたこと等により、前期比4.9%増の19.1億円となった。同社は通期業績予想を売上・利益ともに上方修正。要因として海外事業の順調な拡大、特に中国市場への積極展開等によりアジア事業が好調に推移している点を挙げた。高木社長は下期以降の展開とスケジュールについて詳細に説明、コア層向けビジネスの拡張、家庭用ゲーム・アプリゲームへの注力、海外向け劇場企画の本格展開の3つを重点戦略とする方針を示した。また、中長期の成長に向けた取り組みにも触れ、海外事業の強化をさらに進めていくための組織体制の改革を進めていくこととした。

■ダイジェスト版URL (約3分20秒)
ダイジェスト版はこちら

 

■本編URL (約20分)
業績概況はこちら

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ