宅森昭吉に聞く「2016年の景気」(日本)

2016/01/04

<今日のキーワード>宅森昭吉に聞く「2016年の景気」(日本)

宅森昭吉チーフエコノミストは、現状の景気はやや足踏み状態を示すものもあるが、よく見ると明るい動きがみられるとしています。「下町ロケット」や「あさが来た」などのTVドラマが人気を集めたように日本経済を支える中小企業の景況感改善をサポートする動きが見られるうえ、各指標にはバブル期直後の水準まで回復しているものが多くみられるためです。

【ポイント1】中小企業経営者を応援する世の中の風潮

「下町ロケット」人気で、設備投資意欲に点火
■GDP統計や「景気ウォッチャー調査」など、足元の景気指標には足踏み状態を示すものが多くみられます。身近な指標では、プロ野球の日本シリーズの組み合わせで、ソフトバンク対ヤクルトの人気度ランキング合計6が景気足踏み状態と整合的です。

■ただし、景気と身近な社会現象は、景気の底堅さを示唆するものが多い状況が続いています。10-12月期のTVドラマで人気を博したのは「下町ロケット」と「あさが来た」。いずれも中小企業の経営者を応援する世の中の風潮を示しています。それを受けてか、中小企業の設備投資の先行指標となる代理店受注は、10‐12月期まで3四半期連続で増加見込みとなっています。

【ポイント2】24年ぶりの水準示すデータ多い

非製造業の景況感や有効求人倍率に注目
■また、12月の日銀短観では、大企業・非製造業の業況判断DIの+25は、91年11月以来約24年ぶりの高い水準となっています。11月の有効求人倍率の1.25倍も92年11月以来の高い数字です。

■したがって、過去20年間なかったからといって、政府見通しの2016年度の名目成長率3.1%がありえないと現時点で決めつけるのもいけないかもしれません。

160104MK

【今後の展開】春闘での賃上げに注目、懸念材料はあるが良い年になりそう

賃上げがポイント
2016年を見る上で、最大の注目点は春闘での賃上げです。企業収益は史上最高益の連続更新が見込まれる中、人手不足が進行しているわけですから、設備投資の拡大、さらには賃金上昇が実現し、それが消費拡大へつながるという好循環を期待したいものです。

エルニーニョが懸念材料
懸念材料はエルニーニョ現象です。現在発生しているものは、20世紀最大級だった1997‐98年並みに強くなっており、既に暖冬の悪影響が11月の消費に出ています。ただし、桜の開花が早い年には、景気は悪くならないという傾向もあります。夏ごろにはエルニーニョはおさまり正常化すると期待されています。

(2016年1月4日)

印刷用PDFはこちら

今日のキーワード 宅森昭吉に聞く「2016年の景気」(日本

関連マーケットレポート

2015年12月17日 「今年の漢字」は“安”(日本)

2015年12月11日 「ヒット商品番付」、今年は番狂わせ(日本)

三井住友DSアセットマネジメント株式会社
三井住友DS マーケット・レポート   三井住友DSアセットマネジメント株式会社
世界の経済やマーケットの動向や、マーケットで注目される旬なキーワードを運用のプロがわかりやすく、丁寧に説明します。
■当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
■当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

三井住友DSアセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ