日銀、金融政策を調整

2021/03/19

▣ 金融政策を調整

日銀は、3月18、19日の金融政策決定会合で、より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検の結果を受け、金融政策を調整しました。

点検結果を踏まえて決定した内容は以下のとおりです。

  • 必要な場合には機動的に長短金利の引き下げを行うため、短期金利と連動する「貸出促進付利制度」を創設
  • 長期金利の変動幅を、“±2%程度”から“±0.25%程度”に拡大し、明確化
  • 一定期間、連続して指値オペを行う「連続指値オペ」を導入
  • 上場投資信託(ETF)およびJリートの、それぞれ年間約6兆円、年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れる目標は撤廃
  • ETF、Jリートの買入れの上限、それぞれ年間約12兆円、年間約1,800億円に相当する残高増加ペースについては維持し、必要に応じて買入れを行う
  • ETFはTOPIXに連動するもののみを買入れる
  • 国債買入れについては、上限を設けず必要な金額を買入れる方針を継続

※指値オペ:金利の大幅な上昇を抑制するため、特定の年限の国債を固定金利で無制限に買い入れるオペ

▣ 市場の反応は

日銀の決定を受け、19日の株式市場、Jリート市場は一旦下落、長期金利は小幅に上昇、ドル円はドル高・円安方向に振れたものの、おおむね事前の予想通りの内容で、すぐに戻る動きになりました。ただ、ETFをTOPIXに連動するものに限ったことは、ややサプライズになり、日経平均株価は下落する動きになりました。

今後、ETF、Jリートについては一旦買入れ額が減るとみられますが、急落時には日銀が積極的に買入れることも想定され、相場への影響は限定的になりそうです。

▣ ETF等の買入れ実施の判断基準が変わるか

日銀は、前場のTOPIXが0.5%以上下落した場合に、ETFを買い入れてきましたが、今年の2月以降、買入れ実施のハードルが上がっています。おそらく1%以上の下落で買入れを実施しているとみられます。Jリートについても、前場の東証REIT指数が0.5%以上下落から1%程度以上の下落にハードルが上がっている可能性があります。今後、この基準が変更されるかどうかが注目されます。

長期金利、超長期金利については、これまでより動きが大きくなる可能性があります。ただ、変動幅が0.05%拡大されただけで、上値は限られそうです。金利が上昇する場面では、押し目買いも強まりそうです。

図表、スケジュール入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ