中国経済、今度こそ大ピンチ?:すべては共同富裕のために

2021/10/25

成長失速の三つの要因

中国は、押し寄せるピンチを幾度も乗り越えてきました。この数年間では、米国との貿易摩擦、コロナウイルスの第1波などです。経済成長の失速という現在のピンチも、おそらく中国は克服するでしょう。

たしかに、7-9月期の国内総生産(GDP)成長率は前年比4.9%と、年前半に比べると失速しました(図表1)。主な要因は、ウイルス感染の再拡大、住宅市場の不調、電力制限の三つです。とはいえ今、感染の爆発的拡大は、抑止されています。ほかの二つも、経済改革に伴う過渡的な試練にとどまりそうです。

住宅市場は改革の途上

まず、住宅については、「恒大集団」など開発業者の資金繰り難で、建設が滞っています。住宅を購入しても無事に引き渡されるのか、との不安もあり、中国の住宅取引額は足元、前年比2割近く減っています。

それでも、政府や中央銀行は、開発業者の安易な救済を控えています。業者に対し、無謀な借入れによる事業拡張を戒めるためです。また、それらの経営不安が金融危機につながる可能性は低い、と見ているためです。さらに、市場の過熱を冷まし、住宅を手頃な価格に抑えることは、もともと政府の念願です。

石炭脱却も正しい改革

次に、電力制限については、石炭不足が最大の原因です。中国の発電における石炭依存度は、低下傾向にあるとはいえ、まだ約6割を占めています(図表2)。その石炭が、様々な要因で不足しているのです。

短期的な要因としては、山西省での洪水による炭鉱閉鎖などが挙げられます。しかし、もっと大きな要因は、構造的なものです。中国政府は近年、大気汚染の元凶とされる石炭から、よりクリーンなエネルギーへの移行を推進してきました。それを進めるべく石炭の生産を抑えてきた結果が、今年の石炭不足です。

クリーン化と効率化へ

電力制限のため工場が稼働を抑制したことなどから、中国の鉱工業生産は9月、前年比3.1%増にとどまりました。現在、炭鉱再開などで石炭を増産する動きも出ていますが、電力不足の解消には遠そうです。

それは、天然ガスなど、ほかのエネルギー源も不足している上、石炭については、限定的な増産にとどまる見込みだからです。環境や健康を重視する以上、「脱・石炭」の流れを逆転させられません。とはいえ、やや長い目で見れば、エネルギーのクリーン化や効率化によって、中国は電力不足を克服できるはずです。

共同富裕を改めて強調

10-12月期も、中国は低成長となる見通しです。ただし、国民の物質的な豊かさを特に反映する個人消費は、底堅さを示しています。そのため、GDP成長率の低下を、中国政府はさほど問題視していません。

10月15日、習近平主席が重要な論説を発表しました(China Neicanに英訳掲載)。これは、物質・精神両面の豊かさを増す改革を進めることで、今世紀半ばまでに「共同富裕」を基本的に達成する、という決意表明です。そうした希望に満ちた長期の目標があるがゆえに、中国はピンチに耐えられるのでしょう。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ