急激なる円安:スタグフレーション懸念の中で

2021/10/14

本当に一時的?

「一時的」は便利な言葉なので、よく使われます。主な中央銀行も、大幅なインフレは「一時的」との予測を理由に、金融政策の修正を先送りしてきました。しかし「一時的」の期間は、次第に伸びています。

実際、インフレ率(物価上昇率、図表1)は、世界的に上昇基調が続いています。大きな原因は、サプライチェーンの混乱による部品や製品の供給不足・遅延、および、需給ひっ迫による天然ガスや原油の価格高騰です。いずれも収束の兆しはあまりなく、したがって当面、インフレ傾向を覚悟すべきでしょう。

FRBの悩み

こうした情勢を受け、米連邦準備理事会(FRB)は9月、利上げ時期の見通しを前倒ししました(再来年でなく、来年に利上げを始める可能性を示唆)。ただ、FRBの舵取りは今後、非常に難しくなります。 

たしかに、インフレを抑えるには利上げを行い、投資や消費を抑制する必要があります。しかし急激に景気を冷やすと、雇用が落ち込むので、本末転倒です。また、利上げで部品や天然ガスの不足が解消されるわけではないため、最悪の場合、インフレと不況の同時進行(スタグフレーション)となりかねません。

利上げモード

9月には、英国の中央銀行(BOE)も早期利上げを示唆しました。エネルギー高などで、インフレ率が近々4%を超える見通しだからです。BOEは、早ければ今年12月に、利上げを行うと予想されます。

利上げは、すでにモード(流行)となりつつあります。8月には韓国、9月にはノルウェー、10月にはポーランドで、利上げが始まりました。それらに先んじ、ブラジル、ロシア、メキシコでそれが始まっています。新興国は、支出に占めるエネルギーや食品の割合が大きく、インフレ率が高まりやすいからです。

温度差が拡大

ユーロ圏の場合、欧州中央銀行(ECB)が利上げに慎重です。しかし、圏内のインフレ率も、3%台へ高まっています。今後、エネルギー価格に加え賃金なども急上昇すれば、利上げが視野に入るはずです。

一方、近い将来に想定しにくいのが、日本銀行の利上げです。日本でも今、ガソリン価格などが高騰していますが、消費者物価指数(総合)の上昇率は、前年比0%未満なのです。携帯電話通信料の値下げなど特殊要因もあるとはいえ、長引く低インフレは、人口減や賃金停滞による日本経済の低迷を表します。

不本意な円安

超低金利政策の長期化が必至、との日本の異質性は際立っており、それらを受け最近、円安が加速しています(図表2)。ただ、背後にあるのは日本経済の低迷なので、円安→株高という動きは限られています。

また、インフレ懸念などで世界株が下落すれば、日本株だけ堅調とはならないはずです。そして、欧米などで暖房用のエネルギー需要が増えるこの冬、ガスや原油の価格はさらに上昇する可能性があります。よってスタグフレーションも警戒される、厳しめの経済環境は、少なくとも「一時的」には続きそうです。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ