聖地動乱:イスラエル・パレスチナ情勢を憂慮

2021/05/24

多数の犠牲

聖地が集まる中東の国、イスラエルは、いつか訪れたい国です。しかし、ユダヤ人による1948年の建国以来、この国は、パレスチナとの緊張という火種をかかえています。今月中旬、それが再燃しました。

イスラエル軍と「ハマス」の間で、空爆の応酬が激化し、約260人が死亡したのです(ほとんどはパレスチナ側)。これは21日に停戦に至り、国際社会は一息つきました。また、交戦に対する金融市場の反応は、さほど目立ちませんでした(図表1)。それでも、火種はまだくすぶっており、情勢が憂慮されます。

きっかけは?

「ハマス」は、パレスチナ人(地中海東岸のアラブ人)のイスラム国家樹立を目指しています。この武装組織が、その拠点であるガザ地区(パレスチナ自治区)からイスラエルに向け、先に空爆を行いました。

この空爆は、イスラエルの首都・エルサレムで起こった事件などに対する報復です。エルサレムには、イスラム教の聖地(アルアクサ・モスク)があります。5月上旬、そのモスクでのパレスチナ人の礼拝を、イスラエル警察が妨害したようなのです。この衝突で多数の人が負傷し、パレスチナ人が激怒しました。

宗教的背景

エルサレムには、イスラム教のみならず、ユダヤ教、キリスト教の聖地も置かれています。エルサレムの旧市街は、それぞれの宗教の地区に区分されており、各宗教は普段、微妙なバランスで共存しています。

しかし、イスラエルでは最近、右派の力が増しています。そうした勢力は、エルサレムでのイスラム教の影響力が弱まるのを切望しています。そのようなユダヤ至上主義に対し、パレスチナ人の不満が以前から蓄積していました。よって、今般の警察との衝突、そして空爆の応酬は、必然だったのかもしれません。

政治も原因

イスラム教とユダヤ教は(キリスト教も)、同じ唯一神を仰ぐと解釈されるなど、多くの特徴を共有しています。「愛」を説くそれらが敵対し、今般のような紛争を起こすのは、神の正しい教えに反しています。

とはいえ、紛争の原因は、宗教だけではありません。イスラエル現首相による強硬な対パレスチナ政策には、自身の地位を保つべく右派勢力を喜ばせようとしている、との政治的事情があります。一方、「ハマス」の狙いは、イスラエルからパレスチナを守る姿勢をアピールし、自治区での主導権を強めることです。

米国の立場

伝統的に、イスラエルと親密なのが米国です。背後にあるのは、ユダヤ系米国人や、親イスラエルであるキリスト教福音派の影響力などです。しかし最近、パレスチナへの共感も徐々に増えています(図表2)。

これは、イスラエル内のアラブ人差別、イスラエル軍によるパレスチナ自治区の封鎖など、人権侵害が近年顕著だからです。そのため、当地に関するバイデン米政権の政策は、中途半端にならざるを得ません。それも踏まえると、イスラエルに平穏が訪れ、聖地巡礼が容易になるには、まだ時間がかかりそうです。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ