民主主義万歳!?:ゲームストップ、レディット、ロビンフッド

2021/02/08

実に異様な米国株の変動

民主主義では個人が主役です。よって、米国の株式市場で個人投資家の影響力が増しているのは、至って自然なことです。昨年春以降の米国株上昇も、個人の株式投資増(図表1)に後押しされました。

ただ、個人主導の市場は、異様な相場変動を助長しかねません。それを見せつけたのが、今年1月以降の動きです。米ゲーム販売会社「ゲームストップ」などの株価が、凄まじく乱高下したのです(図表2)。それを促したのは、インターネット上で情報交換や証券取引を行う、個人投資家の無定形な集団です。

個人投資家たちが大勝利

これをめぐっては、個人投資家の軍勢と複数の著名なヘッジファンドが、激しい攻防を展開しました。そして勝利したのは、プロ中のプロとされるヘッジファンドではなく、アマチュアの投資家たちでした。

それらのファンドは、ゲームストップ株が下落すれば利益、上昇すれば損失が生じる取引を行っていました。同社の業績低迷を見て、下落を見込んだのです。しかし、そうしたファンドの動きを知った個人投資家たちが同社株を一斉に購入したため、株価が急騰し、ファンド勢に巨額の損失が発生しました。

ヘッジファンド敗れたり

ヘッジファンドが行った取引は、主に空売りです。これは、借りた株式を売却し、のちに同銘柄を買い戻し、借りた先に返却する、というものです。売却価格と買い戻し価格の差が、利益または損失です。

1月下旬、個人投資家の買いでゲームストップ株が急騰したため、空売り主体であったファンド勢は、高い価格での買い戻しを余儀なくされました。損失が際限なく膨らむのを回避すべく、焦って買い戻したのです。そのような買い自体が一段の株価上昇を招く、との循環が生じ、異様な株高が現出しました。

個人投資家の新しい武器

そのように株高へ誘導し利益を得るのは、ショートスクイーズという昔ながらの手法です。今回のケースが衝撃的なのは、様々なツールを得た個人の集団が、プロを打ち負かし得る、と示されたからです。

実際、個人投資家たちは、情報交換サイト「レディット」上で、強欲なヘッジファンドを懲らしめようと、ゲームストップ株を推奨し合いました。また、証券取引を容易にした「ロビンフッド」というアプリも、この一戦で大きな役割を担いました。ロビンフッドが掲げるのは、まさしく投資の民主化です。

民主主義には堕落の危険

しかし、容易に投資を行えることが健全な民主化、とは言い切れません。事実、ゲームストップ株は、高値をつけた後、急落しています。高値時、気軽にこの株を購入した個人は、大損失をこうむりました。

足元、ゲームストップ株と米国株全体の連動性は弱いため、同社株の動きが金融市場を大混乱に陥れる可能性は、高くありません。ただ、インターネット化がもたらす市場の構造変化には、十分留意すべきです。それが民主化に沿うものだとしても、向こう見ずな民主主義の行きつく先は、堕落と混乱です。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ