AIを活かして先端を走る~ファナックとプリファードネットワークスの連携

2019/01/15

・11月の世界経営者会議で、ファナックの稲葉会長(CEO)とプリファードネットワークス(Preferred Networks)の西川徹社長(CEO)が対談した。ファナックはスマート工場へ知能化を進めている。

・西川氏に出会った時、オーラがあったと稲葉氏言う。西川氏は、ファナックが出資してくれた後、経営者としての覚悟が決まり、協業をベースに独自の事業を本格化させた。

・ファナックは、売上高7200億円、営業利益2300億円で、従業員8600人(日本人3700人)の会社である。1972年に富士電機から分社化した。

・社内ベンチャーの形であった。コンピュータは富士通が担うことになったが、工作機械向けの制御機器(コントローラー)は本業というほどでもなかったので、独立した。

・現在は、工作機械用のNC装置(CNC)を月産3.5万台、ロボットを7000台、ロボマシンを3500台ほど生産している。その9割が日本以外に設置されて使われている。

・世界に263のサービスオフィスを持ち、CNCの設置台数410万台は世界№1である。ロボットも60万台が稼働している。

・これらの装置のAIによる知能化に向けて、プリファードネットワークス(PFN)と連携することにした。

・PFNは2014年の創業で、AIのマシーンラーニング(ML)やディープラーニング(DL)の産業への応用を展開している。この分野では先端を走っており、大型ベンチャー企業として注目されている。

・産業用ロボットでのAIサーボチューニングや、ライフサイエンスにおける癌の診断におけるDLの応用などを手掛けている。

・最近は、パーソナルロボットにも進出し、展示会などでは全自動お片づけロボットが話題を集めている。形を認識して、さっと移動させるディバイスコントロール(IoT×ML)がカギを握るからである。

・西川氏は、子供の頃は引きこもりタイプで、小学生の時からコンピュータのプログラミングを書いてきたオタクであった。ファナックの工場を見て、ヒトがいない高度な全自動ラインに驚いた。

・ロボットは正確ではあるが、どうしたらフレキシブルになるか。ヒトは不確かなことも判断して作業を行う。システムとしては、クラウドではなく、エッジでどう対応するかがテーマであった。

・情報をクラウドに集結して判断するのではなく、それぞれの現場(エッジ)で、エッジコンピューティングとして処理する。クラウドでは遅いので、高速、確実にするにはエッジが重要である。エッジをAI化できれば、高性能、高精度が実現できる。

・ファナックは、その時PFNに出会い、協業することにした。従来の制御システムでは、調整すべきパラメータが多いとうまく最適化ができず、発散してしまうこともある。一方、ヒトはチューニングを一定程度できる。

・これを真似できないか。DL(ディープラーニング)なら、パラメータが多くてもリアルタイムでコントロールすることができる。シミュレーションの精度が上がって、工場がソフトウェア型(スマート)になっていく。これによって生産性は一段と向上する。

・ファナックは、今まで単体の装置(細胞)の性能を上げてきた。生物は多細胞でそれがつながって高度な機能を発揮している。そこで、つないで見える化していくことを目指した。

・そのためにビッグデータ(BD)を活用して、ヒトを超えて新しいことができないか。このつなぐシステムをプラットフォーム化して、世界を新しい形でリードしようという構想である。

・すでに単細胞では世界№1である。これをつないで、新しいビジネスモデルにトランスフォームしようとしている。

・中国企業がロボットでは力をつけている。しかし、今のところ日本が先頭を走っている。エッジの強さに、足らなかったAIが入って、リードできれば、世界の先端を引き続き走れるとみている。

・ファナックもML(マシーンラーニング)の応用を自ら開発していた。しかし、今1つ精度が出なかったので、個別のチューニングが必要であった。ところが、PNWのDL(ディープラーニング)を応用したら、精度が出てきた。

・PFNとしても、AIでグーグルの後を走るのは避けたい。独自の領域で世界の先頭に立ってリードしたいと構想した。

・大企業と組んでも下請けにはならない。あくまでも、パートナーであるという気概で、 ①応用開発、②基礎研究、③基盤構築に力を入れている。日本に数少ない大型ユニコーンとして、注目度は一段と上がっている。

・日本のものづくりは、ハードとソフトの微妙なすり合わせ技術で優位性を発揮してきた。ヒトの職人的よさを、チームプレーで発揮する。

・これは活かしつつ、ものづくりのプロセスにAIを入れ、新しい製品・サービス作りにAIを活かすことが、差別化にとって重要である。ここでリードしないと、ものづくりの競争力は落ちてしまう。

・一方で、人材は足らない。どうするか。西川氏はプログラミングの教育をやっていくしかないと強調する。稲葉氏は、優秀な人材はいる。これをAI時代に向けて育てればよい、と言う。

・イノベーションのカギは、経営者のリーダーシップにある。①まずやる、②恐れない、③恥を気にしない、④立ち直りが早い、というのが本物のリーダーシップのベースである、と鼓舞する。

・稲葉氏は、Learn or die、壁を壊して学び合うべし、と提言する。これにはエネルギーがいる。そのエネルギーを1)自らの情熱として、2)失敗を恐れずに発揮する。西川氏は、30歳を超えて、これを自覚したと語った。

・ファナックの次なる世界戦略と、PFNのAI成長戦略に大いに期待したい。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。