トルコ18年7-9月期GDP~混乱後の経済・市場展望

2018/12/11
  1. 実質GDPは前年同期比+1.6%と急減速、前期比は-1.1%と2年ぶりのマイナスに落ち込みました。
  2. 政治的混乱で通貨リラ急落しインフレ率が急上昇。大幅利上げされたため、需要が抑えられた形です。
  3. 19年は大幅利上げの影響でマイナス成長の予想も、為替相場は高金利を受けて底堅いと見込まれます

典型的な景気後退局面の需要構造

10日、トルコ統計局が発表した18年7-9月期の実質GDPは前年同期比+1.6%と、大きく減速しました。前期比は-1.1%と、クーデター未遂の混乱が影響した16年7-9月期以来、2年ぶりのマイナス成長に落ち込みました。

前期比で見た主要需要項目の寄与度は、個人消費が-2.4%、固定資本投資が-1.1%と、国内の民間最終需要の落ち込みが目立ちました。一方、リラ安による輸出競争力向上で、輸出は前期比+4.1%となったのに対し、輸入は内需の冷え込みで同-6.3%となり、外需(輸出-輸入)の寄与度は+2.3%と大幅なプラスとなりました。しかし、内需の落ち込みを埋めきれず、マイナス成長となった次第です。

トルコ経済は、24%という高水準になった政策金利で、内需が冷やされる流れが続き、19年は前半を中心にマイナス成長を余儀なくされそうです。しかし、それによってインフレ率が低下し、トルコ中央銀行が利下げに転じる公算が大きく、後半には景気が底打ちすると予想されます。

201812111

最悪期脱した?

対米関係が最悪となった8月中旬のリラ急落後、中銀が果敢に通貨防衛のための利上げに踏み切ったこともあり、9月以降、市場は急速に正常化しました。現在、リラ相場は、ほぼ急落前の水準まで持ち直してきました。一時は、エルドアン大統領の金融政策への介入が懸念されたものの、そのような動きはなく、市場は徐々に安心感を取り戻していると見られます。

とはいえ、エルドアン大統領の特異な物価・金利観(利下げが物価を安定させる)と強権体制を併せ考えると、政治的な不安感は残ると思われます。ただし、景気後退から利下げ気運が高まればそのような不安は後退し、金利低下期待による投資資金回帰が十分期待できます。リラ相場は不安を抱えつつも最悪期を脱し、当面は戻り余地を探る展開になると期待されます。

201812112

アムンディ・マーケットレポートはこちら 

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会